【札幌】ここでしか食べられない、ガツンと記憶に残る衝撃の寿司「鮨菜 和喜智」

【札幌】ここでしか食べられない、ガツンと記憶に残る衝撃の寿司「鮨菜 和喜智」

鮨菜 和喜智(sushisai wakichi)

札幌、円山公園。空間を贅沢に使ったL字の8人カウンターが待ち構える超名店「鮨菜 和喜智」。札幌寿司界でも顔が広い、大将の吉田さんの登場とともにおまかせコースが一斉スタートする。

 

【アクセス】

円山公園駅から徒歩約5分

 

【コース】

おまかせコース2.3万円

 

【このお店のスペシャリテ】

つまみ

・ヒラメの漬け

艶やかなヒラメと縁側の漬け。小花が添えられ見た目が美しい華やかな一品。見て楽しい、食べて楽しい。食感を楽しみながら、ふんわりとした脂がねっとりと舌に絡み、ヒラメのエキスがぽわーっとなる。

 

・蒸し蝦夷鮑の肝あんかけリゾット

鼻を近づけると鮑の香りがぶわーっと鼻奥を駆け巡る。ムチムチで噛めば噛むほど磯の香りが広がる身、苦く甘い肝、和だしのとろみあんかけのハーモニー。まるでゆったりとしたクラシックを聴いているような優雅な気分になれる至高の一品。札幌寿司屋では鮑が毎回出てくるが、店によってわずかに異なる調理法を比較しながら楽しめた。

 

にぎり

・毛ガニ

カニ身とシャリを混ぜ合わせ、最後に上から外子をかけて食べるカニカニしい寿司。どストレートにカニをガツンと感じられる。プチプチの外子の食感もアクセントになり目をつぶっていつまでもカニを感じたいスペシャリテ。

 

・カジキの炙り

口に入れた瞬間にサクッとした炙りの食感が印象的な珍しい逸品。マグロトロの炙りとはやや違い酸味が少ないのが特徴。

 

・あん肝バーガー

和喜智に来た、と感じられるこの店のスペシャリテ。パリッ、と海苔を裂いた後にジュワーと広がるあん肝の濃厚な旨味。反射的にウマッと口に出してしまう。五感をガツンと揺さぶられる衝撃の逸品。

 

・キンキの炙り

ちんちんに温めた炭の上にキンキを乗せさっと炙った一品。やばい、の一言。とんでもない脂×炙りのコラボ寿司を提供してくれるのも和喜智らしい。これをウマッと言わない人がどこにいるのだろうか、いや絶対にいない。あん肝バーガーに続きガツンとした超ド級の直球型ドストレートをキャッチャーミットでバシッと受け止めたような感覚になった。

 

【まとめ】

「ここでしか食べられない地物ネタ×インパクトのあるオリジナリティ溢れる品×接客=名店指数」という公式が自分の中にあるのだが、名店指数がかなり高い寿司屋。北海道、いや日本を代表する名店だ。

今後はさらに北海道のネタを増やしていく予定らしく、さらなるアップデートが楽しみで仕方ない。

 

 

【食べログ】

https://s.tabelog.com/hokkaido/A0101/A010105/1000645/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください